2月21日 今日は「漱石の日」

今日は何の日?

今日は漱石の日。

1911年(明治44年)のこの日、文部省が夏目漱石に文学博士の称号を贈ると伝えたのに対し、漱石は「自分には肩書は必要ない」として辞退したらしい。

この逸話に由来して、2月21日が「漱石の日」と呼ばれます。

夏目漱石は歴史上の人物の中でも1、2位を争うイケメンだと個人的には思っています😁

ということで今回はもちろん夏目漱石作品です。

こころ(新潮文庫)

夏目漱石

言わずと知れた不朽の名作。

親友を裏切り、自殺に追い込んでしまった罪悪感に苦しみ、自分も死を選んだ「先生」の内面を描く。

昔の文学作品のわりにとても読みやすい!

もちろん読めない漢字やわからない言葉も出てくるけれど、なんとなく雰囲気で読み進められます(笑)

とにかく心理描写が鮮やかで、なんとも切ないような苦しいような…

先生、Kにちゃんと向き合えばよかったのに😢

そのあたりの感情の流れもわかりやすく描かれています。

当時の出来事や思想がからんでくるところに時代を感じました。

昔の文学作品に挑戦してみたい人にはぜひおすすめしたい作品です!

created by Rinker
¥407 (2024/06/13 23:27:31時点 楽天市場調べ-詳細)
2022年2月
ブログ運営者
そら

◆小説が好き
(ホラー、ファンタジー、
 時代小説は好みません😅)
◆月に15冊が目標
◆好きな作家:原田マハ、
 湊かなえ、江國香織、
 寺地はるな、など
◆これまで読んだ文庫本は
 600冊ほど(紙派です)
◆猫と共に暮らしています
 (=^・^=)

そらをフォローする
シェアする
そらをフォローする
そらの文庫
タイトルとURLをコピーしました