12月27日 今日は「ピーターパンの日」

今日は何の日?

今日はピーターパンの日。

1904年(明治37年)のこの日、イギリスの劇作家ジェームス・バリーの童話劇『ピーターパン』がロンドンで初演されました。

このことにちなんで。

ということで今回はこちら。

東京ピーターパン(角川文庫)

小路幸也

人身事故を起こしてしまったサラリーマン、伝説にギタリストでありながら、今はホームレスとして生活する男性、そしてバンドマン。ひょんなことから彼らがたどり着いたのは、引きこもり中の高校生が住む土蔵。

彼らが出会ったとき、起こったキセキとは…?

大人にならず、子供のまま留まろうとするピーターパン。

そんなピーターパンになぞらえているのかな?諦めきれない夢をぼんやりと抱えている大人たち。

ホームレスのシンゴさんがいいですね。清潔を心がけ、平穏に暮らすことを祈っている。

シンゴさんの落ち着きがありがたく、この場には必要不可欠な人物でした!

そんなシンゴさんを見守る吉川さんもよかったな。

それぞれが自分の生活を守ることに必死です。

でもみんなが揃い、まるで暗黙の了解とでもいうようにある一つの嘘に乗っかっていったとき、明るい扉がパァーっと開かれたような気がしました。

嘘をつないでつないで…そこがとても微笑ましくもありました。

ここで起こったキセキによって、みんなの人生が劇的に変わったわけではないけれど、楽しくて大切な時間だったことは確かでしょう。

わかりやすいストーリーで、気軽に楽しめる1冊です!

created by Rinker
¥528 (2024/06/15 10:19:39時点 楽天市場調べ-詳細)
青春 2022年12月
ブログ運営者
そら

◆小説が好き
(ホラー、ファンタジー、
 時代小説は好みません😅)
◆月に15冊が目標
◆好きな作家:原田マハ、
 湊かなえ、江國香織、
 寺地はるな、など
◆これまで読んだ文庫本は
 600冊ほど(紙派です)
◆猫と共に暮らしています
 (=^・^=)

そらをフォローする
シェアする
そらをフォローする
そらの文庫
タイトルとURLをコピーしました