8月4日 今日は「橋の日」

今日は何の日?

今日は橋の日。

1986年(昭和61年)、当時橋梁会社に勤務していた湯浅利彦氏の「人と人とを結ぶ橋の良さを考える日に」との提唱により生まれ、宮崎「橋の日」実行委員会が制定。

日付は「は(8)し(4)」の語呂合わせから。

郷土のシンボルである河川と、そこに架かる橋を通して、ふるさとを愛する心と河川の浄化を図ることが目的だそうです。

ということで今回はこちら。

この橋をわたって(新潮文庫)

新井素子

橋をわたった先に待つ、猫と不思議でできた8つのお話。

私はファンタジー小説は少し苦手なので、今回こちらの作品もどうかなぁと思い手に取りました。

やはり現実離れした、猫が主役だったり、家具がしゃべったり、神様が出てきたり…という感じではありましたが、思ったより楽しめました☺

猫好きだからかしら…⁈

「黒猫ナイトの冒険」は、家を飛び出してしまったナイトの奮闘がかわいかったです😺

「妾(わたくし)は、猫で御座います」を読むと、飼い主は猫に守られているんだな、と思うことにしよう!と思います😅

猫たちがいたずらや粗相をするのは、どれもこれも飼い主を守るための行為ということですよね⁈(笑)

でもそう思えばいいんだと思いますよ😁猫はとにかくかわいいですから♡

なんでも許せちゃうのが現実です😅

個人的にはとても新鮮な読書となりました📙

独特の世界観があるので、好きな人はとことん好きなのでしょうね。

苦手意識を持ちすぎないようにチャレンジも大切かなと思うし、たまにはあまり読まない本を読むのもいいかなと思いました✨

created by Rinker
¥649 (2024/06/13 23:17:01時点 楽天市場調べ-詳細)
2022年8月
ブログ運営者
そら

◆小説が好き
(ホラー、ファンタジー、
 時代小説は好みません😅)
◆月に15冊が目標
◆好きな作家:原田マハ、
 湊かなえ、江國香織、
 寺地はるな、など
◆これまで読んだ文庫本は
 600冊ほど(紙派です)
◆猫と共に暮らしています
 (=^・^=)

そらをフォローする
シェアする
そらをフォローする
そらの文庫
タイトルとURLをコピーしました