ページをめくる手が止まらない本格ミステリー

今回は、先が気になりページをめくる手が止められない、一気読み必至のミステリー小説を紹介します。

『告白』

湊かなえ 双葉文庫

この作品は、湊かなえさんのデビュー作であるとともに第6回本屋大賞受賞作の大ベストセラー。

イヤミスというジャンルを確立したといってもいい、かなりの衝撃作です。

事故死とされた幼い娘、しかしそれは自分のクラスの生徒による殺人だった、という女性教師の告白から始まる物語。犯人はどんな生徒で動機は一体…?

徐々に明らかになる事件の全体像。そして衝撃のラスト。

先生の冷静さが不気味さを余計に際立たせています。

すぐにひきこまれること間違いなしです。

created by Rinker
¥680 (2024/06/13 22:14:45時点 楽天市場調べ-詳細)

 

『あの日、君は何をした』

まさきとしか 小学館文庫

こちらも上質なミステリーです。

殺人事件の容疑者に間違われ、事故死してしまった男の子。その15年後に起こる、若い女性殺害の重要参考人である不倫相手の男性。

この2つの事件とそれぞれの母親がからみ、真実が明らかになっていくというストーリー。

一見関係なさそうな事件がからみあう、これぞザ・ミステリー。

2人の母親の存在感がすごくて怖い。そして事件を追う刑事さんのキャラがいい。

ミステリーを読むうえでは、事件を追う人のキャラもすごく大事ですよね。

文章もわかりやすく、読みやすいのでおすすめです!

created by Rinker
¥792 (2024/06/13 22:14:45時点 楽天市場調べ-詳細)

 

『慈雨』

柚月裕子 集英社文庫

『孤狼の血』でおなじみの柚月裕子さん。私が彼女にはまったきっかけになった作品です。

警察官を定年退職し、妻とともに四国遍路の旅に出た主人公。当時担当した16年前の少女誘拐事件と酷似した事件が起こり、過去の悔恨の思いが募る。

時を経て、世代をまたぎ真実が明らかになる重厚なミステリー。

徐々に真実に近づいていく終盤は、ぞくぞくして本当に手が止まりません。

夫婦、上司と部下、親と子の人間ドラマでもあり、読み応え抜群です。

created by Rinker
¥968 (2024/06/13 22:07:52時点 楽天市場調べ-詳細)

以上、一気読み必至の極上ミステリーを紹介しました。

今後もいろいろな切り口で文庫本を紹介していきます。

おすすめ文庫
ブログ運営者
そら

◆小説が好き
(ホラー、ファンタジー、
 時代小説は好みません😅)
◆月に15冊が目標
◆好きな作家:原田マハ、
 湊かなえ、江國香織、
 寺地はるな、など
◆これまで読んだ文庫本は
 600冊ほど(紙派です)
◆猫と共に暮らしています
 (=^・^=)

そらをフォローする
シェアする
そらをフォローする
そらの文庫
タイトルとURLをコピーしました