4月24日 今日は「植物学の日」

今日は何の日?

今日は植物学の日。

この日は、植物学者の牧野富太郎(1862~1957年)が生まれた日。

牧野博士は「日本の植物学の父」と言われ、独学で植物分類学を研究し、生涯植物研究に費やしたそう。

博士が死去した翌年1958年(昭和33年)、「高知県立牧野植物園」が開園。

1999年(平成11年)には、園内に「牧野富太郎記念館」が新設。

同園はこの日を「マキノの日」としているそうです。

ということで今回はこちら。

ガーデン(文春文庫)

千早茜

「発展途上国」で過ごした少年時代。あの頃僕の世界は庭だけだった…

植物を偏愛し、他人と適度な距離を保ちながら生きる羽野。周りの女性たちの変化により、彼の人生観は揺らぎ始める。

といったストーリー。

主人公の羽野は、淡々と過ごしているし、冷静に物事を考え面倒なことは極力避けたいと思っている。

物語もそんなふうに淡々と進むけれど、どこか幻想的な雰囲気も感じます。

たびたび差し込まれる異国の描写のせいかな?

植物に対する羽野の思いを描くところは、表現が豊かですごいなぁと思いました。

どの人物も個性があります。でも人物描写がとても上手なので、人物像が浮かびやすかったです。

尾崎世界観さんの解説もとてもよかった!

余韻を残す作品だなと思いました。

created by Rinker
¥726 (2024/06/15 10:41:08時点 楽天市場調べ-詳細)
2022年4月
ブログ運営者
そら

◆小説が好き
(ホラー、ファンタジー、
 時代小説は好みません😅)
◆月に15冊が目標
◆好きな作家:原田マハ、
 湊かなえ、江國香織、
 寺地はるな、など
◆これまで読んだ文庫本は
 600冊ほど(紙派です)
◆猫と共に暮らしています
 (=^・^=)

そらをフォローする
シェアする
そらをフォローする
そらの文庫
タイトルとURLをコピーしました