8月27日 今日は「ジェラートの日」

今日は何の日?

今日はジェラートの日。

東京都に事務所を置き、イタリアのアイス「ジェラート」をより身近にしようと活動する日本ジェラート協会が制定。

日付は『ローマの休日』がアメリカで公開された1953年(昭和28年)8月27日にちなんで。

なぜ『ローマの休日』?

それは、映画の中でオードリーヘップバーン演じるアン王女がスペイン階段でジェラートを食べるシーンが、ジェラートを世界に知らしめ、ローマを訪れる観光客の憧れのデザートとなったから!

ということで今回はアイスにちなんでこちら。

氷菓(角川文庫)

米澤穂信

何事にも積極的には関わろうとしない“省エネ”少年、折木奉太郎(おれきほうたろう)。なりゆきで古典部に入部した彼は、次々に日常の謎を解明していくことに。そして『氷菓』という文集に秘められた33年前の真実が明らかになる。

といったストーリー。

気軽に読めておもしろかったです!

クスっと笑える箇所がたくさんありました🤭

“省エネ”少年とはうまいこと言うなと思いました。省エネゆえに、頭の回転がはやく、賢い印象を受けました。

些細な謎から入って、古典部仲間である千反田(ちたんだ)の伯父に関する大きな謎に迫っていくという形。

『氷菓』の謎が解けた時にはちょっとゾクッとしました。自分では気付けなかったなぁ。まだまだだなぁ😅

ホータローの変化というか、成長も見どころの一つかなと思います!

こういう青春小説は、若いフレッシュな雰囲気が魅力ですね✨

こちらは古典部シリーズとして展開しています。今のところ6弾まで出ています!(2022年8月現在)

サクッと楽しめる1冊です📘

created by Rinker
¥572 (2024/06/13 23:53:36時点 楽天市場調べ-詳細)
2022年8月
ブログ運営者
そら

◆小説が好き
(ホラー、ファンタジー、
 時代小説は好みません😅)
◆月に15冊が目標
◆好きな作家:原田マハ、
 湊かなえ、江國香織、
 寺地はるな、など
◆これまで読んだ文庫本は
 600冊ほど(紙派です)
◆猫と共に暮らしています
 (=^・^=)

そらをフォローする
シェアする
そらをフォローする
そらの文庫
タイトルとURLをコピーしました