12月12日 今日は「漢字の日」

今日は何の日?

今日は漢字の日。

京都に本部を置き、日本語・漢字に関する普及啓発・支援、調査・研究などを行う公益財団法人・日本漢字能力検定協会(漢検)が1995年(平成7年)に制定。

日付は「いい(1)じ(2)いち(1)じ(2)」(いい字一字)の語呂合わせから。

ということで今回はこちら。

家守綺譚(新潮文庫)

梨木香歩

「漢字」の印象が強いタイトルですよね⁈(笑)

本の裏のあらすじを読んだ時にも「漢字」がたくさん目についたので今回はこちらをチョイス!

亡き友人の家の留守を任された綿貫。人魚、河童、鬼などなど、不思議なものとの遭遇や、四季折々の植物との記録たち。

不思議な話ですが、意外とスーッと受け入れられちゃう。というかちょっとクセになりそうな感じ。

時代背景は古いですが読みやすいです。

亡き友である高堂(こうどう)がたびたび登場するのもなんだかうれしい。そして安心する!

犬のゴローも自由奔放な感じでかわいくて、綿貫にとっても徐々にゴローが大切な存在になっていくのがわかりました。

綿貫は案外まじめで優しい男で、読み進めるうちに好感度が上がっていきました!

そしてすごく季節を感じられるお話。

狸はすぐに化けるからややこしかったですが、楽しませてもらいました!

私にとっては新しいタイプの本でしたが、新鮮な気持ちで楽しく読めました。

created by Rinker
¥605 (2024/06/14 13:02:57時点 楽天市場調べ-詳細)
2022年12月
ブログ運営者
そら

◆小説が好き
(ホラー、ファンタジー、
 時代小説は好みません😅)
◆月に15冊が目標
◆好きな作家:原田マハ、
 湊かなえ、江國香織、
 寺地はるな、など
◆これまで読んだ文庫本は
 600冊ほど(紙派です)
◆猫と共に暮らしています
 (=^・^=)

そらをフォローする
シェアする
そらをフォローする
そらの文庫
タイトルとURLをコピーしました