9月7日 今日は「ブラジル独立記念日」

今日は何の日?

今日はブラジル独立記念日。

1822年のこの日、ブラジル帝国初代皇帝ペドロ1世がポルトガルからの独立を宣言した日です。

ということで今回はこちら。

浮遊霊ブラジル(文春文庫)

津村記久子

ちょっと不思議な世界観を味わえる短編集。

そしてお話のタイトルがなんか好き😁

定年を迎え帰郷した男性を描く「給水塔と亀」。こちらは川端康成文学賞受賞作とのこと。

なるほど、読みやすい文学作品を読んでいる感覚になるわけだ。

短い物語だけど、哀愁感じるお話でした。

「うどん屋ジェンダー、またはコルネさん」は先が気になるようなふんわりとした終わり方。

コルネさんの突然の感情爆発は、一度すっきりさせておいた方がいい案件だったかもしれませんね😅

「アイトール・べラスコの新しい妻」の綾はこわい💦

“失敗を認めるなんていうことはありえない”と断言しちゃうあたり、こわっ😱こんな人には関わり合いたくないなぁ。

でも納得の結末です。

「地獄」はタイトル通り地獄が舞台。ちょっと楽しそうな地獄に思えてしまって、なかなかおもしろかったです。

「運命」も不思議なお話。ポンポン場面や人が切り替わっていきます。これも文学的雰囲気を感じた作品でした。

「個性」は少々解釈が難しい気がしました。

表題作「浮遊霊ブラジル」がわかりやすく、個人的にいちばん好きでした。

自分が死んだあと、こんな風に世界を旅できたらそれはそれで楽しそうだな。なぁんて思っちゃったりして🤭

新鮮な読書でした📘

created by Rinker
¥726 (2024/06/15 10:39:38時点 楽天市場調べ-詳細)
2022年9月
ブログ運営者
そら

◆小説が好き
(ホラー、ファンタジー、
 時代小説は好みません😅)
◆月に15冊が目標
◆好きな作家:原田マハ、
 湊かなえ、江國香織、
 寺地はるな、など
◆これまで読んだ文庫本は
 600冊ほど(紙派です)
◆猫と共に暮らしています
 (=^・^=)

そらをフォローする
シェアする
そらをフォローする
そらの文庫
タイトルとURLをコピーしました