8月20日 今日は「智恵子抄が刊行された日」

今日は何の日?

1941年(昭和16年)のこの日、高村光太郎氏の詩集、『智恵子抄』が刊行されました。

ということで今回はもちろんこちら。

智恵子抄(新潮文庫)

高村光太郎

智恵子との恋愛時代から結婚生活、そして彼女の発病。そして永別。

高村光太郎の、全生涯を貫く愛の詩集。

全てを読み解けるわけではなかったけれど、それでも妻・智恵子への愛をひしひしと感じる作品でした。

妻の病は精神病だったのですね。詩を読みながら気になってしまい、ちょっと調べてみました。

詩のあとに書かれている「智恵子の半生」、「九十九里浜の初夏」、「智恵子の切抜絵」の文面の中で病気については触れられていました。こちらを読むと、詩の一部の理解がより深まるかなと思いました。

レモンが登場する日が亡くなった日だったのですね。

序盤の詩はよくわからないというのが正直な感想でしたが、「人類の泉」あたりからは智恵子さんへの溢れんばかりの愛を感じました。

亡くなってから、さらに智恵子を身近に感じることができた、そしてその時ようやく仕事に向き合うことができた…というようなことを彼は記しています。

亡くなってしばらくは悲しみに打ちひしがれていたことでしょう。しかし智恵子は彼の体の、心の中にいるのだと気付いた、そういうことですよね。

高村光太郎の妻への愛と、智恵子の人生に惹きつけられる作品でした📙

created by Rinker
¥473 (2024/06/15 09:16:45時点 楽天市場調べ-詳細)

 

2022年8月
ブログ運営者
そら

◆小説が好き
(ホラー、ファンタジー、
 時代小説は好みません😅)
◆月に15冊が目標
◆好きな作家:原田マハ、
 湊かなえ、江國香織、
 寺地はるな、など
◆これまで読んだ文庫本は
 600冊ほど(紙派です)
◆猫と共に暮らしています
 (=^・^=)

そらをフォローする
シェアする
そらをフォローする
そらの文庫
タイトルとURLをコピーしました