6月16日 今日は「和菓子の日」

今日は何の日?

今日は和菓子の日。

東京都に事務所を置き、和菓子業界の発展・向上を図る全国和菓子協会が1979年(昭和54年)に制定。

西暦848年(嘉祥元年)のこの日、仁明天皇がご神託に基づいて、16日の16にちなんで16個の菓子や餅を神前に供えて、疫病退散と健康招福を祈願したという「嘉祥菓子」の故事に由来するとのこと。

この「嘉祥」は「めでたいしるし」という意味だそうです。

ということで今回はそんな日にぴったりのこちら。

和菓子のアン(光文社文庫)

坂木司

デパ地下の和菓子店で働き始めた梅本杏子(通称アンちゃん)。個性豊かなメンバーと働き、謎めいたお客様の真相に迫るうちに、和菓子の魅力に目覚めていく。

といったストーリー。

アンちゃんがとてつもなくいい娘だから、優しくあたたかい気持ちで読めます。

親近感がわいちゃう主人公です☺

そして何より、和菓子の魅力満載!!

めちゃくちゃ和菓子が食べたくなります!!

店長さんもいい人で、こんな店長さんの下でなら働きたい😆

気遣いが丁寧で、仕事ももちろんできる!

立花さんのギャップもすてき✨

デパ地下の裏側を垣間見れるのもおもしろかったです。

洋菓子派の人にもぜひ読んでほしい1冊📙

ミステリー要素は軽めで、坂木さんらしい日常的なもの。

読みやすく、和菓子の世界にどっぷり浸れます!

最後にタイトルがストンと降りてきて、すごくしっくりきました。

created by Rinker
¥733 (2024/06/13 22:49:59時点 楽天市場調べ-詳細)

続編もあります↓

アンと青春(光文社文庫)

2022年6月
ブログ運営者
そら

◆小説が好き
(ホラー、ファンタジー、
 時代小説は好みません😅)
◆月に15冊が目標
◆好きな作家:原田マハ、
 湊かなえ、江國香織、
 寺地はるな、など
◆これまで読んだ文庫本は
 600冊ほど(紙派です)
◆猫と共に暮らしています
 (=^・^=)

そらをフォローする
シェアする
そらをフォローする
そらの文庫
タイトルとURLをコピーしました