6月15日 今日は「千葉県民の日」

今日は何の日?

今日は千葉県民の日。

「県民が、郷土を知り、ふるさとを愛する心をはぐくみ、共に次代に誇りうる、より豊かな千葉県を築くことを期する日」として、県の人口が500万人を突破したことを記念して1984年(昭和59年)に制定。

日付は1873年(明治6年)6月15日に当時の木更津県、印旛県が合併して千葉県が誕生したことに由来。

ということで今回は船橋が舞台のこちら。

ふなふな船橋(朝日文庫)

吉本ばなな

父は失踪、母は再婚。15歳で母の妹であるおばと船橋で暮らす決断をする立石花。それから12年、仕事も恋もうまくいっている。だが再び悲しい予感が…

個人的にとても好きな作家さんです😌

とにかく文章がみずみずしい!

そして登場人物が魅力的✨心がきれいで優しさあふれる人ばかり。

特に奈美おばさんがサイコーによかった!

ファンタジーのような不思議な体験があるけれど、これは必要なシーンですね。

印象に残った文章もたくさんありました。

「悪いことの半分はいいことでできている。見つけることができるかどうかだけだ」

「ほんとうに縁のある人とは、夢のなかやイメージの中でもう出会っているものなのかもしれない」

「なにかを失ったら、それを別のもので埋めようとせず、ないなりに生きていく」

梨の妖精、ふなっしーも大事な役目を果たしています😁

とってもよかったのでぜひ。

created by Rinker
¥594 (2024/06/13 21:52:51時点 楽天市場調べ-詳細)
2022年6月 よしもとばなな
ブログ運営者
そら

◆小説が好き
(ホラー、ファンタジー、
 時代小説は好みません😅)
◆月に15冊が目標
◆好きな作家:原田マハ、
 湊かなえ、江國香織、
 寺地はるな、など
◆これまで読んだ文庫本は
 600冊ほど(紙派です)
◆猫と共に暮らしています
 (=^・^=)

そらをフォローする
シェアする
そらをフォローする
そらの文庫
タイトルとURLをコピーしました