12月25日 今日は「スケートの日」

今日は何の日?

今日はスケートの日。

日本スケート場協会が1982年(昭和57年)に制定。

1861年(文久元年)のこの日、北海道・函館に滞在していたイギリスの軍人・貿易商・探検家・動物学者のトーマス・ブレーキストンが、日本で初めてスケートをしたとされていることから。

ということで今回はこちら。

スケートボーイズ(実業之日本社文庫)

碧野圭

1年ぶりに怪我から復帰した和馬は、全日本選手権を最後の舞台と定め練習に励む。一方、大学スポーツ新聞の記者・将人は、取材を通してスケートに魅せられていく。

コーチとの関係、就活、友情、恋愛…夢を追う大学生たちの青春小説。

フィギュアスケートの奥深さを感じました。

そして少し特殊なスポーツであるということも。

選手としての命は短く、普通の体の成長がスケートにとってマイナスになってしまったりするんですね。

フィギュアスケートを見ているとよく耳にする言葉もたくさん。

演技プランは、本当によく考えこまれたものなんだと思いました。繊細な競技だな~。

和馬の友でありライバルでもある光流。思っていた以上に厚い二人の絆に感動!

コーチとの関係も素敵で、思わず涙がこみ上げました。

記者として奮闘する将人の成長もとても感じられました!

スポーツ小説はやっぱり胸が熱くなりますね!

created by Rinker
¥631 (2024/06/13 20:09:39時点 楽天市場調べ-詳細)
2022年12月
ブログ運営者
そら

◆小説が好き
(ホラー、ファンタジー、
 時代小説は好みません😅)
◆月に15冊が目標
◆好きな作家:原田マハ、
 湊かなえ、江國香織、
 寺地はるな、など
◆これまで読んだ文庫本は
 600冊ほど(紙派です)
◆猫と共に暮らしています
 (=^・^=)

そらをフォローする
シェアする
そらをフォローする
そらの文庫
タイトルとURLをコピーしました